« 日本でのフィッシング元年? | Main | ドコモからの個人情報流出 »

2005.02.09

国際化ドメインがフィッシングの危機を増大させる

フィッシングに対する自衛策のひとつはURLの確実な確認なのですが、以下のような話が出ています。
国際化ドメイン名がフィッシングに悪用される問題~Secuniaなどが指摘 (Internet Watch)
この話、国際化ドメインの話が出た最初からずっといわれ続けてる話だと思うのです。特に日本語は「ヘ」はひらがなとカタカナで区別できませんし、ひらがなの「り」とカタカナの「リ」、カタカナの「ロ」と「口」(くち)、「エ」と「工」(こう)みたいに紛らわしい字も多いので、たとえば私が「テツタロウ.jp」というドメインを持っていたとして、誰かに「テツタ口ウ.jp」というドメインをとられると厄介なことになるというのは当初から指摘されていたことです。それがフィッシングに使えるということも、多くの人が指摘していました。英語圏の人には目新しく感じるだけのことなんでしょう。それを脆弱性と呼ぶのはどうかと思いますが。
この問題、各サイトに簡単な自衛策があります。要は(商標登録と同じように)まぎらわしいドメインは全部押さえてしまうということです。ただ、たとえば上記のキリル文字問題への対処は、aを多く含むドメイン名の保持者ほど大変になってしまうという問題がありますが(全組み合わせを登録しなくてはならないので)。
そもそも、こういう紛らわしいドメイン名は登録できないようにレジストラかレジストリで機械的に排除してほしいと思うのは私だけでしょうか。

といってたらJPRSがこんな文書を出しました

|

« 日本でのフィッシング元年? | Main | ドコモからの個人情報流出 »

Comments

Your style is so unique in comparison to other people I have read stuff from. Thank you for posting when you've got the opportunity, Guess I'll just book mark this web site.

Posted by: dui defense lawyers | 2015.01.08 07:23 AM

Hi, this weekend is fastidious in favor of me, because this occasion i am reading this wonderful informative piece of writing here at my residence.

Posted by: Ресницы Сыворотка | 2015.09.24 05:59 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国際化ドメインがフィッシングの危機を増大させる:

» Buy sublingual levitra online. [Online pharmacy cost levitra.]
Buy sublingual levitra online. Online pharmacy cost levitra. Buy levitra online. [Read More]

Tracked on 2007.10.20 09:07 PM

» Tramadol. [Tramadol 180 cod.]
Tramadol 93. Tramadol sr 100. Tramadol. Ultram tramadol. What is tramadol 93. [Read More]

Tracked on 2007.10.21 04:57 AM

« 日本でのフィッシング元年? | Main | ドコモからの個人情報流出 »